|中央区の注文住宅とリフォーム

サイト内検索
運営者情報
カレンダー
<<前月   2017年05月   次月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

皆さんこんにちは!

いきなりですが、この写真に写っています木材を見たことはありますか?
恥ずかしながら私は初めて拝見いたしました。

答えは梁ですね。
昔ながらの木造で作られた家にはあるかもしれませんが、柱の上に
横たえて屋根を支える箇所になります。

実際に持ってみますと、とてもしっかりとしていて重みがあります。
今回はこちらをアレンジして店舗に使用いたします。

まずは、高圧洗浄をして汚れを落としていきます。

その後やすりをかけていきます。
やすり掛けを終えるとここまで綺麗になります。
長年使用していたために味が残っております。



この梁がどのように生まれ変わるかは次回写真を載せて紹介したいと思います。



今回はここまでです。
また、次回もお楽しみにしてくださいね。
今日は生き物の凄さに関して書いて行こうと思います。
皆様は「バイオミメティクス」と言った言葉を聞いたことがあるでしょうか。
バイオミメティクスとは「生物模倣」生物の構造や機能から着想を得たものづくり
と言った生物学と工学の融合なんです。

とても難しそうなお話に見えますが、調べてみるととても面白い技術
がたくさんあります。


一昔前に競泳で高速水着問題がありましたことを覚えていらっしゃいますでしょうか。
SPEEDO社が開発したレーザー・レーサーという水着を着用した選手が次々と
世界記録を樹立しました。

この問題に揺れていました時に北島康介選手が「泳ぐのは僕だ」と言ったTシャツ
を着ていたのも記憶に新しいですね。

この問題の渦中にあったレーザー・レーサーで使用されていた技術もバイオミメティクス
で開発されたものなんです。

この技術は建築などでも応用されているんですよ。
カタツムリの殻を模倣し汚れの付きにくいタイルと言ったものがあるんです。

カタツムリの殻の表面はいつも水でぬれています。
水が汚れをはじいていつでもキレイでいることが出来るんですね。
その力を利用したものになっています。

こう言った技術は他にもたくさんあります。
何回かに分けて紹介できればと思いますのでよろしくお願いします。



人気記事ランキング

提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所