|中央区の注文住宅とリフォーム

サイト内検索
運営者情報
カレンダー
<<前月   2017年01月   次月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

皆さん、こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
先日は窓やサッシをリフォームすることが出来るとお話しました。

では少し具体的にお話をしましょう。
下記の資料にありますように室温が10℃以下ですと、
高齢者の方は低体温症などが現れる恐れがあります。
窓

断熱といえば壁といったイメージが強くあるかもしれません。
私自身も壁が重要かと思っていました。
しかし、一番簡単にでき重要なのは「窓・開口部」の断熱なのです。

最新の窓はサッシ部分が樹脂製になっており、ガラス部分が二重化されているのです。

例えば、コップで考えてみてください。アルミのコップに冷たい飲み物を
入れておくと、とても冷たいです。しかし、樹脂製のコップでは冷たくありません。
また、同様に普通のガラスのコップに冷たい飲み物を入れたら冷たいですが、
2重グラスのコップでは冷たくありません。

このように最新の窓にするだけでとても快適に過ごす事が出来ます。
断熱性が高い家と低い家では窓辺の体感温度が約3℃違うそうです。
これは大体セーター一枚分に相当するようです。

小さな事かもしれませんが、これだけの違いがあります。
お家の中が寒いなどお悩みがあるようでしたら是非一度相談してください。
窓のリフォームなどご提案し、改善が出来るかもしれません。

また、次回も冬の寒さに負けずに更新していきたいと思いますので、
ご購読よろしくお願いいたします。


 皆さん毎日とても寒い日が続いておりますが、体調の方は
いかがでしょうか?

 家の中が寒いけど改善策が分からないといった方も
いらっしゃるかもしれません。
そんな方は窓のリフォームを考えてみたらいかがでしょうか?


 実は、子を持つ親が自身の両親の住まいに対して不満があることの
1位から3位までが気温に関してのことでした。
窓に関する悩みが上位に並んでいるのです。


 しかし、なかなか窓のリフォームは復旧しないようです。
住まいに対して不満は窓やドアにあることをなかなか意識していないようです。
この記事を読んでくださっている方でこのような悩みのある方は、エアコンや
コタツ、床暖房の前に窓について考えてみてはどうでしょうか

 次回からは何度かに分けて掲載していきたいと思いますので是非ご覧ください。

人気記事ランキング

提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所